かるが浜信号場

ブログ名からして広島県民のようですが、残念ながら私は愛知県民です。

初心者向け人力VOCALOIDのやり方(音MAD)

お久しブリヂストン、ろっかんです。

高校生活が始まってもう一ヶ月が経ちましたが、とにかく忙しすぎて動画すら出すのも厳しい状態です...許してつかぁさい...

f:id:Rokkan:20180518203627p:plain

あと、火曜から高校最初の定期考査に入ります。数1分かんなさ過ぎて禿げます。禿げました。なんでこんな時に記事書こうと思ったんでしょうかね。

 

ここから本題です。

 

ナマステ!(バシッ)今日はろっかんスペシャルの人力カレーを作ります!それではみんなも作ろうね!メモ、メモ、メモ!

 

f:id:Rokkan:20180518204142p:plain

用意するもの

・REAPER(0.999だと出来ないらしいので最新版を入れよう)

・原曲

・素材

・Kerovee(VST)  

https://www.g200kg.com/jp/software/kerovee.html

・Synth1(VST)

http://www.geocities.jp/daichi1969/softsynth/

VSTの入れ方は各自でググっておいてください。

今回は初音ミクの「メルト」の「メルト 溶けてしまいそう」ってとこを名鉄の特急自動放送に歌わせます。

 

1.素材を歌に合わせる

f:id:Rokkan:20180518205702p:plain

bpmグリッドとにらめっこしながら入れてください。ちなみにメルトのbpmは170でした。(当社調べ)

メルトの「め」は「[め]いてつ」から、「と」は「[と]」っきゅうから取ってきました。「る」に関しては見つからなかったため、「ミューチケット」の「ュー」で代用してます。母音があっていればそれなりの代用が効くと思います。

 

2.調整とかVST入れたりとか

歌に合わせた素材をダブルクリックしてアイテムプロパティを呼び出ます。そして、「Project default」のとこを押して「駘astique 3.2.3 Soloist」を選択してください。

f:id:Rokkan:20180518210310p:plain

これは人力をする時に使えるモードで、素材を引き延ばしてもあまり劣化しないようになります。

次に、VSTを入れます。

f:id:Rokkan:20180518211024p:plain

この中で必須なのはKeroveeのみですが、聞こえをよくするために他のVSTも入れてます。リバーブは最後のが良いかも

ReaEQ:REAPERに標準でついてくるVSTです。名鉄特急の声優さんは女性の方なので、低音をカットして高音を強調するようにしてます。ここらへんの調整は素材によるので再生しながら①とかのアンカーを適当に弄ったら多分分かると思います。

Kerovee:これが無いと人力はつらいです。初心者の内は何も弄らないでおいても大丈夫だと思います。

W1 Limiter:EQで削った音域を補うために入れてます。Thresholdをマイナスの方向に動かすと音圧が上がります。ゆわしょみたいなもんだと思います(使ったことないけど)画像ではやり忘れてるけどCeilingを-0.1に設定してください。

SH-1 Reverb:響くようになります。ここでは使ってませんが、Glaceverbもオススメです。

 

ここまでやるとこうなります。

3.音程を合わせる

まず、歌わせたい素材があるトラックの下にもう一つ新しいトラックを作って、そこにSynth 1をぶち込んでください。

f:id:Rokkan:20180518212317p:plain

そして今度は歌わせたい範囲をクリックしながらドラッグで選択して、上の「Insert」から「New MIDI item」を選択します。

f:id:Rokkan:20180518212046p:plain

すると、こんなんが出ます。

f:id:Rokkan:20180518212140p:plain

そして、それをダブルクリックするとこんなんが出ます。

f:id:Rokkan:20180518212524p:plain

ここにMIDIと同じ要領で音程を打ち込んでいきます。MIDIとは?って人はググってね

f:id:Rokkan:20180518212657p:plain

打ち込んだら、音程が置いてあるトラックの左にある音量バーとかあるとこのROUTEと書かれたボタンを押して、そこの「Add new send...」から素材が置いてあるトラック番号を選択します。

f:id:Rokkan:20180518212825p:plain

そして、音程トラックの音量を0に下げて再生するとこうなります。

とりあえず基本は完成です。これに1オクターブ下のをもう1個追加したり、ビブラートをかけたりするともっと迫力あるのが出来ます。ビブラートの方法はGoogle先生に「ReaPitch ビブラート」って聞けば出ると思います。

ではまたいつか~